横浜鎌倉ZINE

横浜・鎌倉にまつわる名も無き物語

 

 ※只今準備中です。


 

短編小説

晴れた日曜日に

 

両腕を空に向かってあげて思い切り身体を伸ばす。サングラスを額に押し上げ、鬱陶しいマスクを右手で掴んで剥がすと、深々と息を吸いこんでから惜しむように吐いた。...     ⇒記事を読む


童話 

あべこべ!授業参観 

 

二時間目、国語の授業の前の休み時間になると、お父さん、お母さんたちが3年3組の教室に集まってきた。チャイムが鳴って席についてからも、こどもたちは後ろが気になって、ざわついている。今日はかっちゃんが通っているうずまき小学校の授業参観だ。⇒記事を読む


 

短編小説

失恋ブレンドコーヒー

 

人生に迷った女はなぜ京都に一人旅に出かけるのだろう?これまで、そういう女達を冷ややかに見ていたけれど、彼女たちの気持ちがやっと分かった。三年越しの恋を無くした今、ひとり思い切り感傷に浸りたくて京都へ...    ⇒記事を読む


 童話

かいものかご

 

【 この童話について】2018年の夏、鎌倉の坂の下の海岸にシロナガスクジラの赤ちゃんの死骸がうちあげられました。この騒動をモチーフに、自然や環境問題について幼いこどもが楽しく関心を持てるように、私自身の子供の頃の懐かしいエピソードを交えて... ⇒記事を読む


 エッセイ

鳥かごと赤い薔薇

 

【鳥かご、差し上げます!】『スズメの雛を保護した3日間だけ使用し、保管していた大変きれいな鳥かごです。近くまで取りに来てくれる方、ご連絡ください。』              ⇒記事を読む


短編小説

山の上の美容院 

 

プロジェクト決行日の夜、母は兄夫婦に連れられて我が家にやって来た。実行メンバーは、兄の拓海、兄嫁の真理子、夫の優也と私の四人。一か月前から話し合って計画をたてた。二泊三日間分の母の荷物が入ったボストンバッグを兄から受け取り、任務は私達夫婦に引き継がれた。....              ⇒記事を読む