大和撫子、活躍中!

Vol.1 ヨガインストラクター kozueさん (中国・上海在住)

kozueさん (中国・上海在住) ヨガインストラクター

ご家族: 夫と二人暮らし 

上海在住歴: 4年

 

 

■お仕事内容・頻度等を具体的に教えてください。

ヨガインストラクター(主に日本人の奥様を中心に、ハタフローヨガを教えています。)浦東、古北のヨガスタジオ、マンション併設のジム内のスタジオで、日本人の奥様向けに週に6クラス担当しています。

 

■現在のお仕事を始めたきっかけを教えてください。

憧れていた駐在生活でしたが、初めての専業主婦という立場に戸惑いや焦燥感も感じました。そこで、何か打ち込めるものはないかと、以前に趣味で行っていたヨガを再開しました。当初は趣味のレベルで始めましたが、どんどんヨガに魅了され、何時の頃からか習うだけでなく教えたいとも思い始め、終に一念発起しティーチングの為のヨガスクールに通うことにしました。約3カ月に渡り、英語・中国語での授業と腰痛を乗り越え資格を取得し、そのヨガスクールでインストラクターとしてデビューすることになりました。

 

  

■上海に来る前は何の仕事をしていましたか?

人材紹介サービス会社で、キャリアコンサルタントとして、企業の人事部への営業、転職希望者の転職相談から就職、入社までの一連業務を担当していました。業種は全く違いますが、多くの人と関わるサービスという面では、今のお仕事とも通じるところが多く、当時学んだことは、今でも大変役に立っていると思います。

 

■上海に来るとき、どんな気持ちでしたか?

上海に来ることに対して全く抵抗はありませんでした。

実は、2000年から広東省に留学し、その後日系企業に就職し、通訳、海外営業に従事していました。中国には4年ほど住んでいたため馴染みもあり、上海で何をやろうかなあと、むしろ楽しみでもありました。

 

■今のお仕事(または自主活動)は、どんなときにやりがいを感じますか?

みなさんヨガを始めるきっかけは、ダイエットのため、週一回体を動かしたい、リラックスしたい・・・等様々ですが、肩こり、腰痛が楽になった、体が柔らかくなったとか、沢山嬉しいお声をかけて頂きます。

私自身、人と接することが好きですので、ヨガを通じて、沢山の人と出会えて、話を聞いてと言うことも非常に楽しいです。そして、何よりも、レッスン後に「気持ちよかったー!!!癒されたー!!!とスッキリ元気な笑顔を見ること、少しでも多くの方がヨガを好きになってくれることが、一番の喜びであり、やりがいにつながっていると思います。

 

■上海で仕事(または自主活動)をする上で、感動したエピソードを教えてください。

ヨガ歴も短く、資格を取ったばかりでインストラクター未経験の私に、お仕事のチャンスを下さったことです。最初のデビューは、資格を習得したヨガスクールでしたが、授業は英語・中国語でしたし、緊張の連続で、不安でいっぱいでした。今も生徒のみなさんに教えて頂くこと、気づかされることも多く、みなさんに温かく育てて頂いていると思いますので、私自身もっと勉強、練習しよう!と身が引き締まる思いです。

 

■日本へはいつごろ帰国しますか?

もう4年目なので、来年、再来年くらいかと思いますが、私個人的にはもう少し居たいなと思います。

 

■帰国したら、何をしたいですか?目標や夢を教えてください。

私自身、ヨガと言う生涯打ち込めるものを見つけられた事そして大好きなヨガを出来ることに、幸せを感じていますので、帰国後も今の仕事を続けていきたいです。私自身今尚、上海で素晴らしい先生の下でずっと練習を続けていますが、日本に帰っても、ヨガを教えながら、常に学び続けて行きたいと思っています。そして、いつか、自然あふれる場所で、ヨガをしたり、お茶を飲んだり、おしゃべりを楽しめる小さなスタジオができれば嬉しいですね。

 

■これから上海へ来る女性、または現在在住中の「何かにチャレンジしたい!」という皆さんへ、一言アドバイスをお願いします。

上海には、素敵な人、楽しいこと、が沢山溢れています。もちろん異国でのストレス、不便さを感じることもあるかと思いますが、まずは無理をせず、頑張りすぎず、自分の楽しめることを見つけて、健康第一でマイペースに過ごすことが一番だと思います。心にも時間にも余裕が出て慣れてきたら、色々なことにチャレンジするのも楽しいのではないでしょうか。